2009年9月・・・どん底からの脱出!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 座敷豚
 
[スポンサー広告
460・・・自分の人生を大切にする=脳を大切にする
『「頭がいい人」は脳のリセットがうまい』・・・☆☆☆☆自分の人生=脳なんだ

最初に読んだのは平成19年9月23日
久しぶりに読んだのだけど今までと同様全く内容なんて覚えてなかった
プラス『こいつ全く理解してないなー』と前読んだ自分に対して思った

とても読みやすい良い本
しかも珍しいというか精神の話に脳の事を結び付けて書いてるのが面白い
セロトニンとかニューロンとかどっかで聞いた事あるような(ないような)単語がたくさん出てくるんだけどわかりやすく解説してるのでスラスラ読める


ほかの本にもよく出てくるんだけどモーツァルトの音楽って本当に凄いんだな
『また出てきたよ!』って思った

自分の人生を大切にすることは、脳を大切にすることにもつながっている。


こういう表現も読むと、なるほどなって思う

しかし、世の中良い本だらけだな
スポンサーサイト
Posted by 座敷豚
comment:0   trackback:0
[.レビュー 本]  thema:ブックレビュー - genre:本・雑誌
442・・・萩原はニート風漫画家
『BASTARD 26』・・・☆☆何年ぶりの新刊だよ!そしてなぜ買った俺!

漫画のレビューなんかしなくても良いのだけどねw
ブクログ読者メーターやってるから几帳面につけとくかと思って

コンビニに飯買いに行ったら売ってるの見つけてしまった・・・
一応BASTARDは集めてるんだ
何でだか自分でもわからない、そこまで面白くないんだけどなー

漫画自体の感想になってしまうけど絵はキレイ!
だが話がすすまないし、あんまり面白くない
そして何よりも休みすぎ
忙しいみたいな事は書いてるけど26巻出すまでに何年かかってるんだよ

たぶん、この漫画未完で終わる
作者死ぬまでに終わらないだろ・・・


↓冨樫は裁判どうなったんだよwww
271・・・そういえばHUNTER×HUNTERが復活するらしい
こんだけ休んでも生活できるんだからある意味凄いけどね、2人とも
Posted by 座敷豚
comment:0   trackback:0
[.レビュー 本]  thema:ブックレビュー - genre:本・雑誌
440・・・この世に絶対って事は存在しない
『99.9%は仮説』・・・☆☆☆☆100%の事なんか無いって事を教えてくれる本

最初に読んだのが平成18年8月16日

たぶん、この本だったと思うんだけど前に読んだ時『だから何?』って思ったような記憶がある
何かどっかにそんな事を書いたようなw
約3年ぶりに読んだけど、けっこう面白かった
何か役に立つ事を教えてくれるような事ではないかもしれないけど
人間なんてこの世の中の事なんて全然わかってないんだよって事が書かれてる
これ書いてる人も頭良いなw


言葉でまとめるのが難しい
人にオススメするような本ではないけど俺は楽しめた
Posted by 座敷豚
comment:0   trackback:0
[.レビュー 本]  thema:ブックレビュー - genre:本・雑誌
438・・・この本こんなに面白かったっけ?
『さおだけ屋はなぜ潰れないのか』・・・☆☆☆☆わかりやすく読みやすいので楽しく勉強できる

最初に読んだのは平成18年1月21日
この本、当時めちゃくちゃ売れたような記憶がある

久々に読んだけど『面白い!』
こんなに面白かったっけ?と思うぐらい

数字の話でこんなにもわかりやすく面白く読ませるんだから相当頭が良いんだろうな
タイトルのさおだけ屋の話はほんとに一部分だけ、ほかの話も面白い
今思えば内容ももちろん良いけどタイトルを考えた人が凄いよなって思う


この人が出してるほかの本も読んでみようと思った
Posted by 座敷豚
comment:0   trackback:0
[.レビュー 本]  thema: - genre:本・雑誌
429・・・ニートこそ自分の人生を良く考えれる良い時間
『ひらめき脳』・・・☆☆☆☆☆頭を使いながら読ませる良い本、ニート向け

茂木健一郎って人の本は何冊か持っているんだけど書いてる内容が少しむずかしい
読んでると本当に頭が良いなあと思うし、少しぶっ飛んでる感もある

この人の本に共通してるのは一方的に受け取らせるような感じじゃなくて読んでる方にも色々考えさせるような感じが強い

今日読み終わったので3周目だったけど、ある意味ニート向けに感じる
今の俺がそうだからそう感じるんだと思うけど


ひらめきやすい環境はリラックスできる環境であってリラックスできる環境とは表現を変えると退屈な時間、退屈な場所と説明してる
まさにニート
俺は思った、ニートという24時間を自分の事に使える環境だからこそ自分の人生をより良く考えるチャンスがあるんじゃないかと
何かに追われてるわけでもなければ、やらなきゃいけない事もない環境だし

後の方で思わぬ幸運に出会う能力は、行動をしてないニートには無いって書いてあるけどw


人生というものは、一瞬のうつに風景が変わることがあるということです。
その点こそ、人生最大の希望があr、幸福があり、また時には底知れぬ恐ろしさがあるのです。



漫画でもゲームでも映画でも何でも最初から結果がわかるモノに面白みはない
人生もいっしょだろって事ですね、素晴らしい
Posted by 座敷豚
comment:0   trackback:0
[.レビュー 本]  thema:ブックレビュー - genre:本・雑誌
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。